I published the book named PROTOTYPE CITY in Japan by the team with six people.That book published in the end of July, the content include innovation ecosystem in Shenzhen.

After that, Shenzhen Based English News Paper Shenzhen Daily introduced our books, Authers, and DIY scene in Shenzhen and Japan. You can see the news on paper and web, and more deeply interview on Shenzhen Daily Official wechat.

We are very happy with our news on the Shenzhen newspaper.

--

--

華強北の中电迪富大厦ビルから地下鉄1号線の科学館駅に向かう途中、果物屋台、ケバブ屋台、ビストロ、ラーメン屋、マッサージ屋、漢方薬局、鶏鍋屋などが目に飛び込んでくる。 福田の城中村(訳注:発展の中に取り残された昔ながらの村)にある高須正和の自宅は、生活の煙に満ちた場所である。

“ここには文化があり、家賃も割安で、気に入っています。深圳みたいな他にない高速発展した街の中で城中村があるのは珍しい。” 高須は、町の中心部に近い路地を歩きながら、記者にさまざまな種類の小さな店を指さした。

さらに、彼が毎日働いている中电迪富大厦ビルからわずか10分、彼の個人会社が登記されている香港からも海を渡ってすぐのところにあるという利点もあります。

深センに長く住む外国人メイカーとして、深センのメイカー文化を広める外国人、ストリートフードを愛する「深セン人」、華強北の発展を体験し記録する研究者など、複数の「レッテル」を持っている。 先日の国際メイカー交流会では、その活発で楽しいプレゼンスタイルから、会場から「Mr Kawaii」と呼ばれたそうです。

高须正和参加2022年高交会

プロフィール

高須正和氏は、埼玉県出身で、世界的なメイカー・アクティビスト、早稲田大学客員研究員、日本のオープンソース・ハードウェアのリーディングカンパニーであるスイッチサイエンス国際事業開発、日本のメイカー向けコミュニティであるNT深圳(ニコ技深圳)の共同設立者、中国オープンソースアライアンス开源社の唯一の外国人メンバーです。 2018年、深圳に住み始め、現在は華強北の中国電信スマートバレー工業園(中电智谷产业园)で国際メイカーとして活躍中。 2020年に出版された深センのイノベーション生態を日本に紹介する日本語書籍「プロトタイプシティ」の共著者でもある。

“深セン人 “に惹かれる 華強北はハードウェア・イノベーションの “本拠地“

2014年、高須正和はMaker Faire Shenzhenのイベントで華強北を訪れ、街の賑わい、イノベーション、エネルギーが彼の第一印象を形成した。 深圳は「イノベーションの故郷」であり、「中国で最もオープンな都市」であると彼は考えている。 外国人であっても、「ここに来れば深圳人だ」という言葉に魅力を感じたという。

--

--

分解のススメ全イベントアーカイブ
2020年6月から続けているイベントもこれで14回目、今回はニセAirpodsをきっかけに、中国半導体産業の深みがわかるイベントになった。

@GOROman @Shiratch Oculus Quest2発売日分解&ライブ配信

Oculus Quest2を発売日にライブ分解した様子。今回の中継も全部ライブで、股間からiPhone13 Pro Maxを生やすバレーの白鳥の湖みたいなキットで配信していた。

おもちゃ分解のススメ 小林竜太 @CH1H160

--

--